本文へスキップ

岡山 倉敷 笠岡 エクステリア 外構 お庭のことなら エクステリア工房 清光園

岡山 倉敷 浅口 笠岡のエクステリア・外構、お庭の事なら エクステリア工房 清光園

エクステリアで失敗しないためにエクステリア工房 清光園

・ アドバイス
エクステリアのデザイナーは、いろんな知識を持っていなければなりません。デザインのセンスはもちろんの事、素材毎の特性、植裁の知識、水道工事の知識、電気の知識、土木の知識等々、どれが欠けても、現場では上手くいきません。のちのち不具合へとつながって行きます。

☆施主様が聞かれなくても、いろんなアドバイスをくれる業者が良いでしょう。


・ デザインと図面
業者によってはデザイナーと直接話をすることなく、図面を作成される(他会社へ作成させる)所があります。 デザイナーとお話をせずにプランを進めていくという事は、お客様の意図する所が伝わりにくいものです。お客様と直接お話をし、コミュニケーションを取ることでより良いプランニングが出来るのではないでしょうか。

☆デザイナーが直接来て現地を図ってくれる業者がよいと思います。


・ 見積もり書
見積もりは、工事前に予想できる作業の金額を表したものです。見積書の数量と単位欄が、『一式』となっている箇所は、単純に数量では表せられない作業の場合です。もし、『一式』となっている箇所が極端に多いようなら要注意です。分からない点は、質問してみましょう。

☆実際の工事では変更もあり得ると認識しておくと良いかもしれません


・ 工事金額
エクステリア工事は、電化製品を購入するのとは違い、始めからその商品の中身・品質・性能が分かって購入するものではなく、物を作っていき、完成品をお客様にお渡しするものです。完成品であれば、値切りについてはOKなのですが、エクステリアで、大きな値引きをさせてしまうと工事の質が落ちてしまう恐れがあります。もし、見積もり金額が高いようであれば、はっきりとした予算を提示し、予算内におさめるにはどのようにプランを変更すれば理想に近いお庭が出来るか相談された方が良いでしょう。快く相談に乗ってくれる業者であれば安心です。

☆強引な値引きにも簡単に応じる業者はちょっと?かもしれません。施工するのは、設計者でも営業マンでも監督でもありません。職人さんです。大手であっても、中小企業であっても、物作りは、職人さん次第です。


・ 工事の管理
現場の管理がきちんと行われているか、写真などがあれば、いろいろと見せていただける業者であれば、安心かと思います。

☆現場担当者が、あまり来ない。職人まかせ。施工途中に気になる点が発生してもお客様と相談なしに施工する業者さんもおれられますので、確認されると良いかと思います。



スタッフが経験してきて感じてきた事をお客様がよりよくエクステリアにいかせて頂ければと思い、記載させて頂きました。ご参考にしてみて下さい。

スタッフ一同、心より御来店をお待ちしております。


岡山 倉敷 笠岡 エクステリア 外構 お庭 お庭のリフォームのことなら エクステリア工房 清光園

清光園は、デザイナーの知的財産を守る
キャンペーンに賛同しています。
他社の図面を利用した受注行為は、致しません。